s2015_1128_1500_IMG_4023東京

東洋経済に以下のような記事が。
〈東洋経済オンライン〉2017年07月14日
外国人が心底ガッカリする「日本の旅館事情」
http://toyokeizai.net/articles/-/180391
日本には「5つ星ホテル」が28軒しかないのが足りなすぎるとか。観光収入でも世界第6位のタイには「5つ星ホテル」が110軒もあるそうだ。観光収入と5つ星ホテルの数は正比例するそうだ。

日本の観光は「金持ちの客から稼ぐ」ことを重視してこなかったので、観光客1人あたりの消費額が世界第46位とめちゃ低いそうで。

・長期滞在に不向き
・外国人は家族でも同じ部屋には泊まらない(国もある)
・一部屋価格ではなく一人価格なので家族は割に合わない
・ルームサービスがイマイチ
・夜遊びできない
・老朽化が進んでいる
・高度経済成長からの団体旅行を対象にしている


また、現金社会の日本にも不満が高いようだ。

〈ラバQ〉2017年07月13日 23:00
外国人「日本のホテルに泊まったら…バスルームの鏡に驚いた!」
http://labaq.com/archives/51886052.html

・日本ではほとんどの銀行手続きはまだ紙で行われている
・日本では多くの会社がまだFAXを使っている。FAX!!!!
・レストランのメニューがタブレットなのに、支払いになるとカードは受け付けない。カードリーダーすらない
・日本が現金社会で驚いたよ。日本に旅行したら5、6回しかカードを使えなかった。
・セブンイレブンを見るたびに現金を引き出さなきゃならなかった
・アイスランドでは市場の屋台で魚の干物買ってもカードリーダーがあるのに

最近はスマホに接続できるカードリーダーのサービスも安く提供されているので、だんだん改善されてくるんだろうけど。Apple Payの登場と急速な普及で、さらに改善されてくるだろう。

私自身は、ここ数年はSuicaで全ての支払いをしているので、現金を持ち歩く事が全くなくなった。その前はプリペイドカードのEdyをメインで使っていたので、トータルするともう10年以上も現金はほぼ使っていない事になる。