s2016_0124_2317_IMG_0224義順牛奶公司
ちょっと食に油断しすぎました。元々それほど食に興味が高いわけでもなかったので、大した下調べもせずに香港に渡ったのですが「え、香港でこの味ってアリなの!?」というお店にたまたま当たってしまいました。中国4000年の歴史が崩壊した気分です。営業妨害にならないように店名は伏せておきますが、注文したメニューを紹介しておきましょう。

この日は香港島で夜遅くまで撮影していて終電近くなってやっと九龍に戻ったため、腹が減ってとりあえず開いてるお店に飛び込みました。まずはラーメン。上の写真なのですが、麺はインスタント麺をぬる目のお湯にそのまま入れただけみたいな、ちゃんと煮えてもないし腰もなく低温でふやけただけの麺。
s2016_0124_2315_IMG_0223義順牛奶公司
なぜ目玉焼きを頼んだw。当時の記憶が定かではないのですが、多分メニューの漢字名からは目玉焼きである事を汲み取れずにとりあえず頼んでしまったのでしょう。焼き方が雑ですねー。よく言えば家庭的です。
s2016_0124_2313_IMG_0222義順牛奶公司
これは多分コーヒー牛乳プリンか何かだったと思います。作り置きして冷蔵庫に冷やしてあったんですが、成分が分離して水が浮いてました。うーん、あまり美味そうじゃない。

こんな感じなので、お値段は据え置きなのかと思ったらそうでもなく、まあ普通のいい値段とってました。外からお店を見た雰囲気は、ロゴなんかも本格派の雰囲気だったんですが。

店内は床がコンクリートでホースで水を撒いて掃除がしやすそうな、魚屋さんとか精肉屋さんっぽい仕様だった気がします。たしか白衣を来たおばちゃんスタッフが多めにいたような気がします。

香港ならどこでも飯が美味いと思ったらそうでもないんですね。やはりガイドブックで人気のあるお店に行くのが大正解なのだと思いました。