z2017_0118_歩きスマホ01

iPhoneを持ってれば、海外ではほぼ安心っぽい

iPhoneを持ってれば、海外旅行で格安SIMを使う際には、周波数の互換性で困る事はなさそうな雰囲気ですね。

〈参照サイト〉2016.02.21
3月25日以降順次スタート!『iPhone 6s/6s Plus』のSIMロックを解除する方法
https://dime.jp/genre/235151/
最大23のLTE周波数に対応する「iPhone 6s」シリーズ 
「iPhone 6s」シリーズが対応するLTEの周波数は全部で23もある。日本だけで使われている1.5GHz帯には対応していないものの、700MHz帯、800MHz帯、900MHz帯、1.7GHz帯、2.0GHz帯をフルカバーする。
上記の記事を読むと、iPhone6sの時点で、最大23のLTE周波数に対応していたとの事です。この時点では日本独自の1.5GHzには対応していなかったそうですが、その後1.5GHzが世界規格に昇格したため、iPhoneも対応したそうです。結果、iPhoneが対応する周波数もさらに増強されました。
〈参照サイト〉VC社長日記 2016年09月08日
iPhone 7の最強SIMフリーモデルはちょっと複雑
http://vintagecomp.livedoor.biz/archives/51906846.html
1. CDMA 対応:日本版はGSM, CDMA両対応です。日本では割と入手しやすい香港版ですが、CDMA非対応のようです。
2. 周波数対応:1.5GHz帯はこれまで日本独自の周波数帯でしたが、グローバルバンドに昇格したため、日本版iPhoneも対応したという流れでしょう。
5. 技適:FeliCaと1.5GHz対応のために、今回は日本モデルは専用となったようですね。
〈参照サイト〉2016/09/08
 iPhone 7/7 Plus モデルA1660, A1661, A1778, A1784, A1779, A1785の対応LTE Bandまとめ
http://pssection9.com/archives/iphone7-7plus-lte-band.html
海外版4モデルはFeliCaを搭載していません。iPhone 7/7 PlusでSuicaなどが使いたい人は大人しく日本で販売されるモデルを購入するようにしましょう。
 以下のサイトでは、iPhone4〜iPhone7までの対応周波数帯を表でまとめてありました。
〈参照サイト〉アスキーjp 2016年09月08日
iPhone 7と過去のiPhoneのスペックを詳細表で丸ごと比較!
http://ascii.jp/elem/000/001/225/1225277/
 となると、iPhone以外の他社のSIMフリースマホの仕様はどうなってるんだろう。

iPhone以外では、日本メーカー製品が周波数対応が広い

ググってみたら、分かりやすい比較データは2015年のものしか見つけられなかったですが、国内のSONY、富士通、SHARPなどは対応周波数はいい線行ってるようです。
〈参照サイト〉2015/7/5
SIMフリースマホ 本体 25モデル 対応バンド(周波数帯)まとめ
http://tel03.com/mvno/sim-free-smapho25/
 安心を買うなら、日本製スマホを買った方が周波数対応が広そうです。

※混同しないように一応明記しておくと、 iPhoneは「25周波数対応」ですが、最後に紹介した記事は「25モデル 対応バンド(周波数帯)まとめ」であり、25種類のスマホを比較しているという意味で、対応周波数の数ではありません。たまたまですが、数値が紛らわしくなってます。