z2016_0125_2217_DSC03831ビクトリアピーク

ガラガラの無料展望台でしっぽりしちゃってー

香港の名所と言えば、ピークトラムで登るビクトリアピークからの夜景。しかし駅ビルの屋上展望台は有料だし、死ぬほど混んでます。まさにイモを洗うようだとはこの事。

 しかし、しかーし、そんな時でも屋外の無料展望台はほら、こんなにガラガラです!!カップルでしっぽりしちゃってくださーい!!上の写真は夜の22時。ガラガラですよね。
z2016_0124_0837_DSC02791ビクトリアピーク
同じ場所から撮影した昼間の風景は、こんな感じです。この日は曇り空でした。
(昼間はツアー客で混んでますよ!注意してください。穴場なのは夜遅い時間です)
z2016_0125_2217_DSC03830ビクトリアピーク
無料展望台の内部に入ってみました。人影まばらでいい雰囲気ですね。ちなみにこの日は香港でも数十年ぶりの大寒波到来で死ぬほど寒かったです。暖かい袋(ホッカイロ)必須です。

その頃ピークタワー屋上の有料展望台は地獄の混雑なう

z2016_0125_2158_DSC03810ビクトリアピーク
 その頃、駅ビル屋上の有料展望台の方はこんなです。写真で見るとそんなに激しく混んでないように見えますが、屋上が狭い上に次から次へと観光客が到着して上がってくるので、すぐにフェンスが埋まって全く夜景が見えない状態になります。

駅ビルのピーク・タワー屋上がどれだけ狭いかが、以下のブログにいい写真が載ってました。屋上全体がフラットな広場ではなく、屋上の外周だけが細い通路みたいにフェンスで区切られていて、道路の歩道のような横幅なんです。屋上から見下ろした、無料展望台の俯瞰全体写真も載ってました。
〈参考ブログ〉香港を一望、「ビクトリア・ピーク」。(2012-01-06)
http://blog.goo.ne.jp/kotarou-hrn/e/5a754f9f82015e853c2800497d4b3fb4
 z2016_0125_2218_DSC03836ビクトリアピーク
というわけで、是非夜遅い時間もピークトラムの無料展望台に足を伸ばしてみてください。駅ビルから歩いて30秒くらいです。

ほら、有料展望台と無料展望台は目と鼻の先です

z2016_0124_0839_DSC02811ビクトリアピーク
 位置関係が分かりやすい写真も紹介しておきます。奥のコンクリートの建物の屋上が駅ビルの有料展望台で、手前の寺院風の屋根の施設が無料展望台です。こんな近い距離です。

もっと穴場なのは、高層ビルSKY100の展望台。貸切状態です

さらに、SKY100の展望台ならもっと空いてます(なぜなら料金が高いから)。SKY100は168HKドル(今日のレートで2,480円)です。これは高い!!ホントにガラガラでした。次回SKY100を紹介します。