七つの海の探訪見聞録

海外旅行・国内旅行や神社仏閣の話題をアップします。

2018_0212_JWAVE大倉眞一郎

すでにiPad持ってるユーザーには「今さら何言ってるの?」と言われそうですがw。

毎週J-WAVEで、杏ちゃんと大倉眞一郎の「BOOK BAR」を聞いて、大倉眞一郎の声が若いので30〜40歳くらいのイケメンを想像していたのだが、こんな仙人風のジイさんだったw。

今回、建国記念日の振り替え休日スペシャル番組で、還暦バックパッカーとして大倉眞一郎がアジア4ヵ国を旅した内容を本人のトークで紹介していた。

飛行機に大金の入った財布を忘れてしまった話しとかいろいろ山あり谷ありの珍道中だったのだが、一番納得したのは最後のiPadのくだり。

大倉眞一郎は本好きなので、若い頃は必ず旅には本を持って出掛けたそうだ。しかし今となってはiPadに書籍を入れられるし、ホテルの予約も全部iPadで済んじゃうし、文章の入力も快適。「若い頃にあの重い荷物を持って旅してたのは、一体なんだったんだ」と思ったそうだ。まあそれはそれで良さはあるとは言っていたが。

それから、地図はスクリーンショットを撮ってそれを見ていたと言っていた。きっと渡航先は電波のない地域も多かったのだろう。なかなか賢い方法だと思う。

当方は普段iPhoneを使っていて「OSが同じiPadは必要ないし、きっと買ってもすぐ使わなくなるな」と思っていて、別に欲しくはなかった。タブレットは激安Winタブレットを使っている。しかし彼の話しを聞いたら「海外旅行にiPad欲しいな」と思うようになった。大画面に最適化されたUIで、iPhoneとはかなり操作環境が違って快適という話しは以前から聞いていた。

健康管理に次期Apple Watchも欲しいので、まるでApple信者みたいじゃんw。

約30秒で香港ネイザンロードを南下する動画

予告通り2018年は、海外の観光名所の動画をGoogleストリートビューから起こそうと思います。旅行の予習・復習にどうぞ。そろそろ海外に行きたいなぁと思ってはいるものの、、、、時間はたくさん有り余ってるんですけどねー、何しろ先立つものが、、、時間がもったいないなぁ。少年老いやすく。

今回は香港はネイザンロードです。前回のニュージーランドは景色が雄大だったので、コマが滑らかに見えましたが、今回のような密集した街並みだとちょとコマが足りなくてギコちない動きになってしまいますね。366枚のスクリーンショットを使用しています。人気スポットのストリートビューは毎年更新されるそうで、このストリートビューも2017年1月撮影と比較的新しいです。前回のニュージーランドは区画によっては2009年の写真もありましたから。

この動画で見ると「ネイザンロードって結構狭いね」という印象を持つかもしれませんが、いやいや、実際歩いてみると結構広い道路ですよ。


ストリートビューからロードムービー動画を作る

近い将来は「旅行全録時代」になっていると思われるので、こんな面倒な事をするのは今だけだと思いますが、2018年はこれまでの海外旅行の行程をGoogleストリートビューでロードムービー動画にしたいと思います。

まずは試しに、ニュージーランドのオークランド郊外から北へ向かう30kmを動画にしてみました。2500枚のスクリーンショットをiMovieで動画にしています。なかなか根気のいる作業ですよw。2分46秒の動画になりました。

これだけでは物足りないので、グーグルマップで空からの映像も作り出して(ドローンから見たような映像)、地上からと空からの映像を並行して表示、さらにわかりやすくニュージーランドの広域地図を入れる、そして字幕も入れて解説する、という情報を付け加えて完成させる予定です。続きを読む

s2017-11-14_56
記憶にはほとんど残ってなかったタイガーバームガーデンの写真もありました!!

ケンコーの安いフィルムスキャナ買いました

ソースネクストのサイトで、安いフィルムスキャナ「ケンコートキナー KFS-500mini」がさらに値下げで3,900円で売ってたので買ってしまいました。しかしポチってみると、送料450円+消費税348円で合計4,698円ですと。もう5,000円近くって、想定外な高値になんかダマされた感満載になってしまいました。計算弱すぎかw。
続きを読む

z2016_0126_1315_DSC03905香港国際空港
※この写真は2016年の香港国際空港です。

さて、30年前に香港に行った際の写真が2〜3枚しか残ってなくて、非常に寂しい感じだったのですが、先日部屋の中を整理していたら、無造作に収納ボックスの上に乗せてあったポジフィルムの束の中に香港の写真がフィルム2本分見つかりました。

続きを読む

19442514m

昨日、住信SBIネット銀行より注意喚起メールが届きました。
以下、コピペです。

最近、海外に渡航されたお客さまを中心に、海外店舗や海外ATMにおいて、Visaデビットカードを不正利用される事案が発生しております。

報告されている手口の一例としては、海外渡航中のお客さまが、Visaデビットカードを海外ATMでご利用の際に、スキミング機(小型読取装置)や隠しカメラなどにより窃取されたカード情報を用い、不正取引が行われた手口などがあります。

Visaデビットカードを不正利用されないために、海外から帰国されたかたや海外渡航のご予定のないかたにつきましては、Visaデビットご利用限度額(海外ショッピングと海外現地通貨お引出し)を0円に設定することをお奨めいたします。

なるほど、利用限度額を0円に設定できるんですね。

しかし次回海外旅行に行く時、0円のまま忘れて渡航してしまい、買い物できずに現地で慌ててる姿が脳裏に浮かんで仕方ないんですけどwww。

13308439m

あーるー!!(アンタッチャブルの山崎風に)

普段からHISのツアーチケットしか買った事ないので、正直なところ個人でどうやって世界の航空券買うのかよくわかってないのですがw、世界一周が8万円台でできるそうです。最短なら3泊4日で世界一周とか。

長靴をはいたネコも3泊4日で世界一周の時代なんです。

続きを読む

2yLjWgNF
〈外部の参照サイト〉メシ通 2017/8/10 
ベトナムで大流行中の「ヨーグルトコーヒー」は先入観を打ち砕かれるうまさ【ブームの予感】
https://www.hotpepper.jp/mesitsu/entry/oishiisekai/17-00212
ちょうど自宅に、飲むヨーグルトとペットボトルの微糖コーヒーがあったので試しに混ぜてみたのですが、氷で冷やしたら美味しいのですが、温いママだと微妙な味。どうやらポイントはぶっかき氷のようです。

01_588x

海外旅行の際に成田空港へ行くと「イモトのWiFi」とかレンタルしてますよね。会社によっては事前に申し込みが必要だったり、何かと面倒です。

しかし、なんと、ヨドバシカメラやビックカメラで
・約100ヵ国で利用可
・基本料なし
・契約期間の縛りなし
・事務契約一切不要
・プリペイド式でインターネットで通信容量ギガを購入

のモバイルルーターが買えるんです。今年の6月から日本初上陸でスタートしたサービスのようです。

続きを読む

香港でインフル猛威
香港で夏のインフルエンザが猛威 死亡者315人
http://www.afpbb.com/articles/-/3138424
私が昨年1月に香港に行った時には、30〜40年に一度の大寒波が襲来していました。やっぱり暑いより寒い方がまだ楽だなぁ、と思います。真夏の香港でマスクしたら、暑くて蒸れてもう死にそう。
5月〜8月に315人死亡しているとの事で、流行のスパンが長い!!これから香港に出かける人は気をつけてください。

敦煌に観光客隊列
敦煌に観光客の隊列 1日2万人の大台を超える
http://www.afpbb.com/articles/-/3137785
こちらのニュースもまた興味深い。観光客の隊列は2キロにも及ぶそうです。機会があれば中国も行ってみたいよなぁ。


13077069
なかなか興味深いリポートがネットにアップされていました。これは事前情報として役に立ちそうです。
ドバイのトイレ事情(All About 旅行)
https://allabout.co.jp/gm/gc/469527/

・ドバイではトイレ使用料や清掃係りにチップは必要ない。
・ほとんど洋式だが、数少ないアラブスタイルの和式に近いトイレもあり
・ほとんどトイレットペーパーがあるが、砂漠のトイレなどは紙切れの可能性もあるので、ポケットティッシュも忘れずに。
・施設内のトイレは紙切れでもビデがあるので、なんとかなる。
・ホテルのトイレにはビデの近くにビデ用タオルあり。
・便器のサイズがデカい(太った人が多い?)

ドバイはいつか行ってみたい国ですねー。

s2015_1128_1500_IMG_4023東京

東洋経済に以下のような記事が。
〈東洋経済オンライン〉2017年07月14日
外国人が心底ガッカリする「日本の旅館事情」
http://toyokeizai.net/articles/-/180391
日本には「5つ星ホテル」が28軒しかないのが足りなすぎるとか。観光収入でも世界第6位のタイには「5つ星ホテル」が110軒もあるそうだ。観光収入と5つ星ホテルの数は正比例するそうだ。

日本の観光は「金持ちの客から稼ぐ」ことを重視してこなかったので、観光客1人あたりの消費額が世界第46位とめちゃ低いそうで。

続きを読む

↑このページのトップヘ